Pic32

aqv on August 24th, 2011

懸案であったRTCCのアクセスを確認しました。PIC32MX4の内蔵RTCCへのアクセスについてです。 結果としてうまくアクセスできるようになりました。データシートを読み足りなかったためで、必要なコードが抜けていました。 RTCCの初期化部分で SYSKEY = 0xAA996655; // この2行をいれないと while(!(RTCCON&0x40))で永久ループになる SYSKEY = 0x556699AA; // の2行を入れないとうまく動作しません。 最初にデータシートを見たときは、この2行のコードは現在時刻を書き換えるときだけ必要になると勘違いして覚えてしまいました。 正しくは現在時刻を変更するときでなくレジスタRTCCONの内容を変更するときに上の2行が必要になります。   // 以下セカンダリ発振とRTCC部分の初期化 OSCCON.SOSCEN = 1; // OSCCON.SOSCEN = 1; while(!SOSCRDY_bit) // wait for secondary oscillator to stabilize ; SYSKEY = 0xAA996655; // この2行をいれないと while(!(RTCCON&0x40))で永久ループになる SYSKEY = 0x556699AA; // RTCCON.RTCWREN = 1; // RTCCON.RTCWREN = 1; RTCCON.B15 = 1; // RTCC module enabled while(!(RTCCON&0x40)) // Wait for clock to be turned on ; RTCCON.RTCOE = 0; // RTCC output disable RTCDATE =0x11082403; //2011/08/24 wednesday RTCTIME =0x20304000; // 20:30 40sec   上のように初期化コードを書くとRTCCが動作するようになりました。 RTCCDATEとRTCCTIMEは初期値を代入しないと、日付と時間としてはあり得ない値になっているのでBCD変換部分で 間違ったかなと勘違いしやすいです。

Continue reading about PIC32 RTCCアクセスの動作確認

aqv on August 13th, 2011

円高を利用して、海外から2点購入しました。 1つめは、PICの書き込み器です。mikroProgという対応PICの種類が多いライターです。 mikroMMBにブートローダー経由でなく直接書き込みたいという意図があってのことです。 mikroMMBのRTCCにアクセスするコードを動作確認がいまだにできず、mikroelektronikaのフォーラムに以下のスレッドを見つけました。 http://www.mikroe.com/forum/viewtopic.php?f=164&t=39188 MINI32 Boardのブートローダーについてですが、ブートローダー自体でセカンダリオシレータを無効にしているようなことが書かれています。もしかするとmikroMMBのブートローダーを最新バージョンにすればRTCCにアクセスするコードが動作するようになるのかな?と期待しています。自分のケースでは、セコンダリオシレータは動作していてRTCCが動作していないように見えるのでまったく関係ないかもしれません。 2つめはMINI-32 BOARD です。40ピンのDIPサイズ上にPIC32MX534F064Hがのっかった小さな基板です。 2点で12003円(送料込)でした。

Continue reading about mikroProg for PIC, dsPIC and PIC32,MINI-32 Board

aqv on April 14th, 2011

mikroMMB for PIC32 boardはPIC32MX460F512Lを搭載した開発ボードです。 入手は、Mikroelectronika社より可能です。 PICを使ってTFT液晶、タッチパネル、microSD memory cardをコントロールする練習をするのに適したツールだとおもいます。 http://www.mikroe.com/eng/products/view/595/mikrommb-for-pic32-board/ 液晶 320×240の解像度で、タッチパネルが実装済みです。 AF WM8731SEDS Stereo Codecが実装済み シリアルメモリ(SPI) M25P80 (8 Mbit Flash Memory)がSPIインターフェイスで接続されています。 microSD コネクタが実装済み。 その他 マイク、ヘッドホン用ジャック USBコネクタ(boot loaderが書き込まれているのでPCとUSBケーブルでプログラムの転送ができます。)     回路図は以下の通りです。  

Continue reading about mikroMMB for PIC32 board

aqv on January 20th, 2011

mikroelektronikaからリリースされる予定の製品に、pic32コンパイラがあります。 言語はC、BASIC、PASCALがありリリース前ですが、価格もHPに提示されています。 http://www.mikroe.com/eng/categories/view/89/pic32-compilers/   以下のURLにはPIC32コンパイラの特徴が動画で紹介されています。 http://www.pic32compilers.com/ Memory manager libraryが追加されるようです。これによって、プログラムで動的にメモリーの割り当てができるようになります。     PIC32のMMBは既に発売されていて、PIC32コンパイラがでてくると簡単に開発ができるようになるので今年の購入品リストにいれてあります。 http://www.mikroe.com/eng/products/view/573/multimedia-board-for-pic32mx7/  

Continue reading about mikroelektronikaのpic32コンパイラ

6 visitors online now
0 guests, 6 bots, 0 members
Max visitors today: 11 at 05:42 am UTC
This month: 20 at 12-08-2017 09:20 pm UTC
This year: 42 at 01-23-2017 11:11 am UTC
All time: 133 at 05-04-2015 11:06 pm UTC