以下は、SPI通信部分の備忘録です。

 

 

18F2620のMSSPモジュール(SPI)を使ってISD4002をコントロールするには、mikroC Pro 3.8のSPI関連のライブラリを使う 。
SPIの初期化は、 SPI1_Init_Advanced(_SPI_MASTER_OSC_DIV4, _SPI_DATA_SAMPLE_MIDDLE, _SPI_CLK_IDLE_LOW, _SPI_LOW_2_HIGH);  // セラロック20MHz とする。SPI1_Init();ではうまく動作しない。 ISD4002はSPI受信部分で、1バイトまたは2バイトのデータを受信するが、SPIシリアル通信でLSBが最初に受信されなければならない。
mikroCのSPI1_Write(bytedata)では、bytedataのMSBビットから順に送信してしまうので送信するデータはあらかじめビット並びを逆にしておく必要がある。
PIC18F2620とISD4002のSPI通信部分は3.3Vでプルアップしておく。(プルアップなしでも動作する)

Tags: , ,

Leave a Reply

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

7 visitors online now
1 guests, 6 bots, 0 members
Max visitors today: 9 at 04:52 am UTC
This month: 20 at 12-08-2017 09:20 pm UTC
This year: 42 at 01-23-2017 11:11 am UTC
All time: 133 at 05-04-2015 11:06 pm UTC