CANで送信されるデータの1ビット内のセグメント
SYNC_SEG:同期セグメント
PROP_SEG:伝播時間セグメント
PHASE_SEG1:位相バッファセグメント1
PHASE_SEG2:位相バッファセグメント2

SJW:reSynchronization Jump Width 位相バッファセグメント1と位相バッファセグメント2の調整幅の合計
TQ(Time Quantum):1クロック周期
BRP:ボーレートプリスケーラー TQ=2x(1+BRP)/Fosc の関係がある。

Tags:

Leave a Reply

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

2 visitors online now
0 guests, 2 bots, 0 members
Max visitors today: 9 at 03:12 am UTC
This month: 16 at 10-05-2017 05:28 am UTC
This year: 42 at 01-23-2017 11:11 am UTC
All time: 133 at 05-04-2015 11:06 pm UTC