mikroC PRO for PIC32でTEST1.mcp32を開くとIDEには以下のようになります。

 
 
TEST1main.cの内容は以下の通りです。
 
#include “TEST1_objects.h”

void main() {

Start_TP();

while (1) {
Check_TP();

}
 
}
 
main()部分は、初期化と単純なループのみになっています。
includeしているファイルから追っていくと生成されたすべてのファイルにたどり着けないようです。mikroC PRO for PIC32のIDEを探索すると右端にProject Managerというタブがあり、この中でプロジェクトのファイルが管理されていました。

 
プロジェクトをbuildするとproject managerに登録されているファイルがコンパイルされるようです。

自分で入力した部分は、TEST1_events_code.c の中にあり内容はしたの通りです。
// Event Handlers
void Button1Click() {
Button1.Caption = “click”;
}
ボタンのキャプションを書き換えるだけのものです。
Visual TFTが生成したソースをコンパイルするとエラーもなくコンパイル終了しました。
 
HEXファイルをブトローダーでアップロードして確認してみると、

起動時はボタンのキャプションがTEXTになっています。
 
 

ボタンをクリックするとキャプションはclickと変わりました。

Tags:

Leave a Reply

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

4 visitors online now
1 guests, 3 bots, 0 members
Max visitors today: 5 at 12:57 am UTC
This month: 14 at 07-01-2018 02:29 pm UTC
This year: 22 at 01-21-2018 10:47 pm UTC
All time: 133 at 05-04-2015 11:06 pm UTC