スイッチサイエンス製のWiFiモジュールWROOM02 開発キットを購入しました。

https://www.switch-science.com/catalog/2500/


アマゾンで購入しました。ほぼ同じものが別の販売店から出品されていましたがスイッチサイエンス製のものを選択しました。2000円以下で購入でき、「ほぼ同じもの」は数百円程度安く購入できます。

スイッチサイエンス製は裏面にスイッチサイエンスのシルクがあります。


USBケーブルでPCと接続しCOMポートとして認識するか確認します。PCのデバイスマネージャを開いておきCOMポートが増えているか確認します。
最初にUSBケーブルでPCと接続したときにCOMポートとして認識しないトラブルがありましたが、使ったケーブルが充電専用ということでデータ線がないものを使っていたようです。自分が持っている3本のケーブルのうち2本が充電専用でした。


自分の環境ではCOM8と認識されています。

次にTeraTermを起動します。

COM8のボーレートを115200にセット

デリミタは受信時がCR,送信時がCR+LFとします。
Local echoはチェックなしでOKのようです。他の方のブログではチェックありにするとのことでしたが、現時点のファームウエアではチェックなしでWROOM02が送信文字列を返してくれるようです。

WROOM02のリセットボタンを押すと、最初文字化けした文字列が表示されます。これは起動直後は115200とは違うボーレートで送信するためのようです。

TeratermからATと入力するとOKがかえってきます。


AT+GMR でファームウエアのバージョンが表示されます。

モードはアクセスポイントにアクセスするstationモードとアクセスポイントになるSoftAPモードが可能で、更に両者を混在させるモードもあります。stationモードに設定(AT+CWMODE=1)して利用可能なアクセスポイントを表示すると上の写真のように2.4GHzのアクセスポイントの一覧が表示されます。

DHCPもサポートされていてSSIDとパスワードを指定すればAPに接続できます。接続後は透過モードがあり、これを使うと簡単にTCPによる通信が可能です。

すべてATコマンドで操作するのでシリアルポートがあればコントロール可能です。
今回購入したものは開発ボードでUSBシリアル変換ICが搭載されていますがWROOM02単体で購入すればマイコンから制御可能です。
開発ボードでも基板にピンヘッダをつけると3.3Vレベルのシリアル通信でコントロールが可能になっています。

センサーのデータをWiFiを使ってサーバーに送信するテストを行うために購入してみました。

Leave a Reply

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

1 visitors online now
0 guests, 1 bots, 0 members
Max visitors today: 14 at 03:43 pm UTC
This month: 14 at 05-21-2018 03:43 pm UTC
This year: 22 at 01-21-2018 10:47 pm UTC
All time: 133 at 05-04-2015 11:06 pm UTC