STM32開発ボードを入手したときに開発環境としてTrueStudioをインストールしました。

TrueSTUDIO

Download


ARMの開発環境は複数の選択肢があり、何を使ったらよいか迷いますがSTMがAtollicを買収したようでサポートが厚くなるだろうとのことでTrueStudioを選びました。


HPからインストーラをダウンロードし実行します

 

実行したら、次へ、はい、をクリックしていきます




インストールが完了し実行るすと以下のように表示されます。この画面を閉じるといわゆるIDEの画面があらわれます

TrueStudioと一緒に使うと便利がツールがCubeMXです。

http://www.st.com/ja/development-tools/stm32cubemx.html

CubeMXを使うとCPUの初期化部分のソースを生成してくれます。CPU単体とSTMが販売している開発ボードがサポートされています。

CubeMXで新規プロジェクトをつくる。
1:開発ボードを選択する。
2:CPUのピンの役割をGUIから決める
3:ソースコード生成
このような手順で初期化コードが生成されるのでデータシートをすべて読み込まなくてもプログラムを始めることができます。

秋月のHPをみるとSTM32開発ボードがプログラマ付きで2000円程度で入手できるので手軽に始められます

 

Leave a Reply

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

3 visitors online now
0 guests, 3 bots, 0 members
Max visitors today: 10 at 06:01 am UTC
This month: 15 at 02-05-2018 05:15 pm UTC
This year: 22 at 01-21-2018 10:47 pm UTC
All time: 133 at 05-04-2015 11:06 pm UTC