以前PCBを注文したときに見つけたアンテナアナライザーのSARK-110です。
http://www.seeedstudio.com/depot/sark110-antenna-analyzer-p-1270.html?cPath=63_65

Tools>Oscilloscope というカテゴリの中にあるので見つけにくいとおもいます。

MFJのアナライザーが壊れてから代わるものがないかと捜していたので、注文してしまいました。360ドルなので少し高めですが小型で使いやすそうな感じがしたので購入となりました。

SARK110 023trim

商品が到着して本体を手に持ってみると、本体内部に固定されていないパーツがあり傾けると何かが動く感触がします。

SARK110 016trim

本体を開けて確認してみると内部のバッテリーの固定がうまくできていないようです。ケースの裏側の両面テープでバッテリーが固定されているのが正しい位置のようですが両面テープとバッテリーが離れうまく固定できずバッテリーが内部で動いていました。

SARK110 020trim
引っ張るときれいにはがれる両面テープを用意して固定しなおしました。

SARK110 022trim

CPUはARMコアのSTM32を使っているのが確認できました。

SARK110 019trim

取り扱い説明書は付属せず、HPよりダウンロードするようなのでこれから必要なドキュメントをダウンロードして使い方をマスターしようとおもいます。

Tags:

Leave a Reply

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

3 visitors online now
1 guests, 2 bots, 0 members
Max visitors today: 5 at 12:57 am UTC
This month: 14 at 07-01-2018 02:29 pm UTC
This year: 22 at 01-21-2018 10:47 pm UTC
All time: 133 at 05-04-2015 11:06 pm UTC