PIC18F4525 を内部発振で動作させ、LEDを点滅させる部分まで確認できました。

ADコンバータのピンの割り当ては各ピンごとに指定できるものではなく下の表のパターンから選択するようになります。ハードウエアの設計時には、使うAD入力はAN0から順番に埋めていけば無駄なピンがなくなるとおもいます。

18f4525_0

内部発振で4MHzと8MHzのときにPLL(x4)を使うことができて最大8x4=32MHzで動作させることができます。

以下は内部発振(32MHz)でRC1に接続してLEDを点滅させてループが走っているのを確認したときの初期化部分です。(mC Ver.6.0)

// 発振 8MHz  x4 = 32MHz
OSCCON.IRCF2 = 1;
OSCCON.IRCF1 = 1;
OSCCON.IRCF2 = 1;
OSCTUNE.PLLEN = 1; // PLL enable x4 ->32MHz 動作になる

// COMPARATOR    OFF
CMCON.CM0 = 1;
CMCON.CM1 = 1;
CMCON.CM2 = 1;

// AD
ADCON1 = 0b001011;//AN0-AN3 AD  AN4-AN12 DIO

// DIO
TRISA = 0b00101111;
TRISB = 0b00000001;
TRISC = 0b00000000;
TRISD = 0b00000000;
TRISE = 0b1111;

Tags:

Leave a Reply

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

4 visitors online now
0 guests, 4 bots, 0 members
Max visitors today: 11 at 07:26 am UTC
This month: 16 at 01-11-2018 04:49 am UTC
This year: 16 at 01-11-2018 04:49 am UTC
All time: 133 at 05-04-2015 11:06 pm UTC