ネット上のLCDを使ったアプリケーションを閲覧してしているとキャラクタLCDに漢字や標準にはないキャラクタを表示しているものがあったので調べてみると、ユーザー定義文字(パターン)を設定して表示できることがわかりました。
プログラミングについてはこのサイトを参考にさせてもらいました。
秋月で販売されているLCD SC1602BS-B,SC2004CS-Bに応用可能なようなので以前購入したmbed + BOARD ORANGEを使って確認してみました。
公開されているLCD用ライブラリをインクルードして
#include “TextLCD.h”
クラス定義部分のwriteCommand、writeData関数にアクセスできるようにprotectedからpublicに変更し、

上の参考にしたサイトのユーザー定義文字の設定部分を以下の通りとしました。
//set user defined character
// addr: address 0x00 – 0x07 8 addresses are available
// c: 8 consecutive character to be set as user defined character
// lower 5 bits are used for display
void lcd_user_data(char addr,char* c){
char cnt = 0;
addr = ((addr << 3) | 0x40); while(cnt < 0x08){ lcd.writeCommand(addr | cnt); lcd.writeData(*c); cnt++; c++; } } これで、LCDのVRAM 0x00-0x07 までに自分の好きなパターンを登録することができました。

Tags:

Leave a Reply

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

2 visitors online now
1 guests, 1 bots, 0 members
Max visitors today: 11 at 07:26 am UTC
This month: 16 at 01-11-2018 04:49 am UTC
This year: 16 at 01-11-2018 04:49 am UTC
All time: 133 at 05-04-2015 11:06 pm UTC