Eagle Ver.5のライブラリをDesignSpark PCBへインポートする手順を備忘録として別ページに記録しておきました。
大まかな流れは、
1:Eagleのライブラリを中間ファイルへエクスポート
2:DesignSpark PCBで中間ファイルをインポート
の順になります。個々のライブラリごとに上の操作をする必要がります。
インポートされたコンポーネントがすべてDesignSpark PCB上で機能するか確認はしていませんが、慣れているEagleのライブラリがDesignSpark PCB上で使えると部品を探したりするのが早くなります。

Tags: , , ,

Leave a Reply

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

2 visitors online now
0 guests, 2 bots, 0 members
Max visitors today: 6 at 01:22 am UTC
This month: 23 at 08-22-2019 08:22 pm UTC
This year: 26 at 04-07-2019 12:04 pm UTC
All time: 133 at 05-04-2015 11:06 pm UTC