以前NUE-PSKを購入したときに、気になっていたDDS-60をNUE-PSK購入後に注文しました。本日DDS-60が配達されました。購入したのは完成品1つとキット1つです。

写真の左はキットで右は完成品です。

完成品の写真です。右にある黒い部品はオシレータです。

AD9851面です。

こちらはキットです。

キットのチップ部品はどのように梱包されているのか心配でしたが写真のように部品が識別できるようになっています。

回路図は写真の通りで、HPからも見ることができます。コントロールに必要な信号はピンヘッダーにでているのでマイコンで制御するには都合よくできています。

現在このDDS-60を使ってSWR計を製作しようと考えています。マイコンでDDS-60の発振周波数をコントロールし、接続されたアンテナの進行波電圧、反射波電圧を検出してLCDに表示しようとしています。完成はだいぶ先になりますが、少しずつパーツをそろえていこうと思っています。次のステップとしては、SWR検出部分のアナログ回路の実験をする予定です。

Tags: ,

Leave a Reply

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

3 visitors online now
0 guests, 3 bots, 0 members
Max visitors today: 5 at 01:52 am UTC
This month: 14 at 06-02-2019 02:30 pm UTC
This year: 26 at 04-07-2019 12:04 pm UTC
All time: 133 at 05-04-2015 11:06 pm UTC