aqv on December 28th, 2012

秋月のHPから通販で冬休みの時間つぶしに電子部品&キットを購入しました。たしか28日の15:00までに注文すれば年内発送とのことなので少し早めに注文しておきました。年始は6日まで休みなので遊べる時間があるとおもいます。  

Continue reading about 電子パーツの通販

aqv on December 26th, 2012

先日忘年会で利用したお店からプレゼントとして手袋をもらいました。タッチパネル対応の手袋のようで親指、人差し指、中指の先端部分に何か加工しています。静電容量式パネルに反応するために誘電率が高いものを編みこんでいるのでしょうか?   iPad miniで試してみましたが、小指、薬指には反応せず他の指には反応しています。

Continue reading about タッチパネル対応手袋

aqv on December 22nd, 2012

      付録の手帳目当てにCQ誌1月号を購入しました。おそらく今年はCQ誌を4冊購入したことになります。 そのほか、システム手帳にリフィル、個人用手帳等購入しました。 その他の参考になったサイト ブロードバンドアンテナの秘密の部分を解説しています。 http://g8jnj.webs.com/cometcha250b.htm アパマン、狭小住宅系の人には試作して実験したくなると思います。  

Continue reading about CQ誌1月号

aqv on December 16th, 2012

年末ぎりぎりに大掃除をするとごみ収集日が終了していてごみ袋の扱いに困ってしまうので、26日の燃えないごみの日に向けて整理整頓しています。午後から始めて袋1つ分でました。 また、掃除をするとなくなっていたものが見つかることもあります。小さな工具類がでてきました。 来週末も時間がとれそうなので整理整頓をする予定です。  

Continue reading about 年末の整理整頓

KX3のノイズブランカとノイズリダクションが取説通りでない件ですが、エラッタ情報を見てみるとそのことについて書かれていました。いずれインプリメントするつもりで取説を準備していると思うので、しばらく待てば機能してくると思われます。

Continue reading about KX3のエラッタにNB,NRについて記述がありました。

以前c++builder 6で書いたクラスタ情報を受信するアプリをRadStudio XE2用に書き換え作業をしています。 現在のPCにはc++builder6がインストールされていないのが大きな理由です。以前は受信したデータをStringGridに格納していましたが、今回はDBコンポーネントを使ってデータベースとして保存できるようにしました。 データベースといっても本格的なものは必要ないのでCSVベースのDataSetがJVCLコンポーネントの中にあるのでこれを使っています。動画は動作テスト中のもので今日の午後から動かし続けてCodeSiteというログツールを使ってデバッグしています。

Continue reading about C++Builder 6 のプログラムをRadStudio XE2に書き換える。

aqv on December 3rd, 2012

KX3にアンテナやダミーロードを接続してよく使いそうな機能から操作を確認し始めています。 うまく動作していなさそうな部分が2点ほどありました。NRとNBはボタンを長押しすることによってNR、NBが有効になり上のノブを回すと調整できるように取説に記述があります。 しかし、NRとNBを長押しするとNR,NBは利いているようですがノブを回転させてレベルを調整することができず、ノブを回すとAFゲイン(スピーカ音量)が変化するだけでNR、NBレベルは調整できないようです。これらに関する設定が別の場所にあるのかもしれないのでもう少し取説を読み進めてみようとおもいます。 ルーフィングフィルターFL2,FL3はフィルターのバンド幅を変えると自動的に切り替わるようで動作を確認しました。、この部分のありがたさはコンテストのときに再確認したいとおもいます。    

Continue reading about KX3 の基本的操作を覚え始める

aqv on December 2nd, 2012

KX3のオプションで購入したパドルの取り付けをしてみました。写真のように、マイナスのドライバーか手でネジを回して取り付けられるようになっています。   パドルを取り付けたときは、本体のスタンドを使って斜めにして使わないとパドルの位置が高くなってしまいます。   パドルの調整にはL型レンチを使って調整します。かなり小さなネジを使っているのでこのレンチはなくさないように気をつけないといけません。ステファニーさんがパッキングしたレンチでパドル間隔をアジャストしてみました。   パドル内にPCBが見えこの上に本体との接続用の2x2のピンヘッダが半田付けされています。 本体との接続用ネジは右側が少し短くなっています。右側のネジ位置の本体側にはフレキの基板があり、この基板に触らないように考慮してあるようです。 パドルの支点部分の少しガタが認められますが実用範囲内と思います。   KX3本体内部の写真です。左のPCBはATU、電池ボックス下部の細長い基板はルーフィングフィルターです。国産のHF機では高級機にしかルーフィングフィルターのオプションがなく、KX3ではオプション設定されているので試しに選択してみました。    

Continue reading about KX3 パドルを調整

9 visitors online now
2 guests, 7 bots, 0 members
Max visitors today: 14 at 04:50 am UTC
This month: 16 at 10-05-2017 05:28 am UTC
This year: 42 at 01-23-2017 11:11 am UTC
All time: 133 at 05-04-2015 11:06 pm UTC