aqv on September 25th, 2011

先日入手したマイク延長ケーブルをモービルへ取り付けました。マイクとトランシーバの操作パネルは現在仮止め状態です。しばらく運転しながら最適のポジションを見つけたいとおもいます。   台風に関しては、プアなアンテナなので被害はありませんでした。伸縮ポールを一番短くして対策完了です。

Continue reading about マイク延長ケーブル

aqv on September 21st, 2011

    Board Orangeにmbedを挿入して、最初のプログラムHello worldを実行することができました。 Editorで入力時にキーボードの操作に反応しないことがあり、原因不明ですがサイトにアクセスしなおすと正常に動作するようになりました。 mbedはCPUについての知識がなくても使えてしまうので、ちょっとした実験をやるのに適しているように感じます。

Continue reading about mbed 最初のプログラム

aqv on September 21st, 2011

mbed用の開発ボードBoard Orange を購入しました。 Board Orangeはいくつかの販売店から販売されていますが、スイッチサイエンスが送料無料であったのでここから購入しました。 3900円でLCD付です。小型なのでmbedと一緒でも荷物にならず、外出時や出張時にバッグに忍ばせておくことができます。   本日は台風のため職場で帰宅指令がでました。震災時の帰宅難民のトラウマがあるのか一様に早く退社していました。

Continue reading about Board Orange (mbed用開発ボード)を購入

aqv on September 19th, 2011

アイコムのIC207をモービル内に置きました。 運転席の下にトランシーバを置ける空間があったのでそこにおきました。 モービル用ブラケットにマジックテープをつけて床のカーペットに置くだけです。 電源はシガーソケットから取りました。 操作パネルは運転席と助手席の間に置いてあります。この部分はいずれ適当な場所に固定しようとおもいます。 マイクは付属のマイクのカールコードだと短いので延長コードを注文しました。 ケーブルは運転席ドア付近から引き込みました。アンテナ付近は細く、途中から5Dの太さになるモービル用ケーブルを使っています。 TODO NEXT マイク延長ケーブルの取り付け 操作パネルの固定

Continue reading about モービル用トランシーバ

aqv on September 19th, 2011

mbedのcoookbookからサンプルを取得して実行するまでのデモ動画がありましたので備忘録としてアップしておきます。 クラウドでの開発なので、開発用PCを限定せずに外出先や出張中でもPCとインターネットがあれば開発できるのが大きな利点です。

Continue reading about mbed LPC1768 デモ ツイッター

aqv on September 18th, 2011

mbed NXP LPC1768をPCに接続しサインアップしました。 mbed NXP LPC1768をPCのUSBポートに接続すると、USBドライブとして認識されドライブ内にMBEDというHTMLファイルがありクリックするとブラウザからHPに接続できます。 最初の接続なのでユーザー登録をします。 メールアドレス等を入力してsignupします。 何の問題もなく登録できました。 HPのCompilerをクリックするとIDEがブラウザ上に表示されエディターからソースを編集できます。     保存もクラウド上にできます。 コンパイルした実行ファイルを実行する場合は、クラウドからダウンロードしUSBドライブとして認識されるNXP LPC1768に移動します。 この状態で基板上のリセットボタンをクリックするとダウンロードしたファイルを実行してくれます。 動作確認用プログラムHelloWorld.binを無事実行できました。

Continue reading about mbed NXP LPC1768 のユーザー登録

aqv on September 18th, 2011

以前mikroelektronikaから購入したPIC32MINIの基板にピンヘッダを半田付けしました。 写真左のピンヘッダはPIC32MINI付属のものでやや太いです。右の袋に入ったピンヘッダは秋月で購入した細いタイプです。 細いピンヘッダをはんだ付けしました。細いピンヘッダは基板側に出ているピンヘッダの長さが短くはんだ付けがうまくいったか目視で確認するのが少しむづかしくなります。 細いピンヘッダを使うことによってDIPソケットに抜き差しできるようになるので使い回しが利くようになります。 PIC32を使うことによって大きく変わってくるのが、周辺機器の電源が3.3Vになることです。 特に容易に入手できるキャラクタLCDやグラフィックLCDは5V動作になっています。ネットの情報では、LCDとのDIOは3.3Vでいけそうですが、コントラストを出す部分は電圧が足りないと表示がうまくいかなくなるようです。

Continue reading about PIC32MINIのピンヘッダ半田付け

aqv on September 17th, 2011

連休中の電子工作のパーツを購入するときにmbedという開発ボード、プロトタイピングボードを購入しました。 また、解説本も販売されていたので中古品をアマゾンで購入しました。この本は、対象読者が電子工作初心者で著者の方針で回路図はでてきません。 まだ使用していませんが、HPによると開発はクラウドでの開発になっていてプログラムはシェアできるようになっているそうです。

Continue reading about mbed NXP LPC1768 (Cortex-M3)

aqv on September 17th, 2011

  先週まで買い揃えておいたモービルアンテナ用パーツです。アンテナ、ケーブル、マウントの3点です。 また、アース用パーツMAT50も持っていたのでこれも使います。 ボンネットの運転席側に取り付けました。写真は位置決めの時のもので、ボンネットを開けてもアンテナが車体と干渉しない位置を選択します。 MAT50はボンネットの内側に貼り付けました。今回のアンテナは144MHz、430MHzのアンテナですが、将来HFのアンテナを使用するケースがあることを考えてMAT50を使いました。 ボンネットを閉めた状態で写真です。 ケーブルはドアのヒンジ付近から車内にいれ運転席下まで通ししました。運転席下にリグを置けるスペースがあるのでここにトランシーバを置こうと思っています。

Continue reading about モービルアンテナ取り付け

aqv on September 15th, 2011

64bit Windows7で利用できるCADがないか探したところAR_CADというのを見つけインストールしました。http://www.shfweb.com/top/index.htm からダウンロードすることができます。ユーザー登録が必要ですが、ニックネームで登録可能です。UIの最下段のステータスバーに企業名が表示されますが、自分の用途では十分な機能をもったCADです。 主な用途は、ケースのパネル面のレイアウトを検討することです。液晶ディスプレイや押しボタンのレイアウトをためしに考えてみました。操作も直感的なので、すぐになれるとおもいます。  

Continue reading about フリーCADのインストール AR_CAD

4 visitors online now
0 guests, 4 bots, 0 members
Max visitors today: 9 at 05:30 am UTC
This month: 16 at 10-05-2017 05:28 am UTC
This year: 42 at 01-23-2017 11:11 am UTC
All time: 133 at 05-04-2015 11:06 pm UTC