aqv on July 26th, 2010

本日は夏休みの最終日なので銀行、郵便局等の用事を済ませ帰宅すると、JARLからの封筒が郵送されていました。中にはハムフェア2010の入場整理券が1枚ありました。 今年のゴールデンウイーク休みのときに製作した電子工作をハムフェア2010自作品コンテストに応募していたのですが、無事に2次審査を通過したようです。8/21(土)に会場まで来てくださいという意味で入場整理券が同封されていました。 8/21は現段階では表彰式に参加できるかどうか不明ですが、8/10までに「参加」「不参加」を返答しないといけないのでなるべく参加できるように調整したいとおもいます。

Continue reading about ハムフェア2010入場整理券到着

aqv on July 25th, 2010

7月17日から7月26日まで夏休みが取れたので、気晴らしにシンガポールへ行ってきました。7月18日(日)-7月22日(木)の4泊の旅行でした。最初の日と最後の日は移動だけなので現地では実質3日間でした。 夏休みの予定がぎりぎりまではっきりしなかったため、出発の3日前に飛行機とホテルの予約をとりました。ユナイテッド航空のマイレージがだいぶあったので、往復の飛行機はマイレージを使ってビジネスクラスで予約しました。 以前訪問したときにはなかったもので、マリーナベイサンズというホテルがあります。下の写真はマリーナベイサンズの写真です。3つのビルをつなぐように屋上に展望台とプールがあります。天候の関係(落雷)で展望台にはいけませんでしたが、ホテル宿泊者でなくても入場料を払うと展望台までいけるようです。 マリーナベイサンズにはシンガポールで2つあるカジノのうちの1つがあります。もう一つはセントーサ島にありますが、セントーサ島のカジノはドレスコードに引っかかりはいることができませんでした。マリーナサンズベイはドレスコードもないようで、パスポートのチェックも表紙を見せるだけで入場できました。100SGD(約7000円)ほど使って遊びました。 シンガポールフライヤーという大きな観覧車も最近できたようで、以前はありませんでした。1つのゴンドラには10人くらい乗車できるかなり大きなものです。平日の利用のせいかガラガラでした。 以前訪問したときは、タクシーを使ってピンポイントで移動していましたが、今回は市内を循環する観光バスが一定時間間隔で走っているのでこれを利用しました。2階建てのバスで見晴らしが非常に良いです。

Continue reading about 夏休み

aqv on July 17th, 2010

明日から外出するため小物を調達してきました。 ビタミン剤 これを切らしたときに、就寝中足がつったことがありそれ以来切らさないようにしている。 200V入力100V出力の小型トランス 使用するACアダプタの中で、100VACまでしか受け付けないものがあり、200V地域ではこのトランスが必要になった。 カメラケース デジカメを裸のまま胸ポケットにいれていて、汗等の湿気のためカメラを壊したことがあるのでケースを購入 その他 日焼け止め、移動中読む本、耳栓

Continue reading about 本日の買い物

aqv on July 11th, 2010

本日は午前中に時間がとれたので、CQマシーンのソフト部分の作業をしました。18F2620からISD4002をコントロールする部分で、音声の録音再生を確認しました。ISD4002のメモリーを4分割し、押しボタンを押すとISD4002にSPIインターフェイスを通して録音を開始します。録音終了のタイミングは、ISD4002のRAC信号をカウントし150に達するか、押しボタンを押されるか、ISD4002から割り込み信号がだされたときにしました。SPIを通してSTOPコマンドを出すと、ISD4002で自動でEOMを付加してくれるようで、再生時はEOMを検出して停止してくれます。 少し気になるのが、再生時のノイズレベルが高い感じがします。録音時に既にノイズが混入しているのかそれともアナログのアンプ系から発生しているのかを次のステップとして調査する予定です。

Continue reading about 18F2620でISD4002をコントロール

aqv on July 10th, 2010

本日は、雑用で電子工作にかける時間は少なく、ハードウエアではスピーカの配線の半田付けをしました。 スピーカ側は直接半田付けをし、反対側はピンヘッダ用のコネクタを接続しました。これは製作中のCQマシーンに使う予定です。 ソフトウエアに関しては、ソースをざっと見直し変更すべき点の構想を練りました。実際のコーディング作業は明日行う予定です。

Continue reading about 本日の作業 スピーカの半田付け

aqv on July 6th, 2010

本日職場の知人から聞いた話ですが、電子工作では必ず使われるトランジスタ2SC1815がディスコンの方向に向かっているそうです。東芝のHPでは「新規設計非推奨」となっています。 http://www.semicon.toshiba.co.jp/openb2b/websearch/productDetails.jsp?partKey=2SC1815 ただ、相当の数が在庫としてありそうなので数年は困らないのではないでしょうか?また、TO92タイプの互換品は多くあるのでメンテナンス的に安心できます。ただ、長年親しんできた2SC1815がなくなってしまうのは残念です。

Continue reading about 万能トランジスタ2SC1815終焉か

aqv on July 3rd, 2010

製作中のCQマシーンのAFアンプ部分を確認するためにコンデンサマイクが必要なので下の写真のヘッドセットを購入しました。 PC用の安価なもので700円くらいで購入できます。 ヘッドセットのマイク部分をCQマシーンのマイク入力にインプット。 オーディオ部分のアンプは低電圧動作可能なNJM2073Dを使っています。3.3Vで動作させると、入力部分には自動的に電源電圧の半分の電圧のオフセットがかかるようになります。3.3V動作と、コンデンサマイクの感度が不明なのでchipcorder ISD4002の入力とコンデンサマイクの間に2073Dを入れてあります。 NJM2073Dの出力側にはVRをいれてあり、アナログレベルを調整できるようにしてあります。 下の写真はDSO Nanoを使ってマイクアンプ部分の信号を確認しているところです。 今回は、コンデンサマイクからの音声に対して飽和しない程度に調整しています。 次のステップとしては、マイク信号をISD4002へ録音することです。 120秒のメモリーを4つのチャンネルにわけて、1チャンネルあたり30秒の割り当てにする予定です。4分割した音声メモリにうまく録音できるか? PIC側のソフトの作業になります。

Continue reading about NJM2073Dのマイクアンプ部分の確認

6 visitors online now
1 guests, 5 bots, 0 members
Max visitors today: 11 at 05:42 am UTC
This month: 20 at 12-08-2017 09:20 pm UTC
This year: 42 at 01-23-2017 11:11 am UTC
All time: 133 at 05-04-2015 11:06 pm UTC