スイッチサイエンス製のWiFiモジュールWROOM02 開発キットを購入しました。

https://www.switch-science.com/catalog/2500/


アマゾンで購入しました。ほぼ同じものが別の販売店から出品されていましたがスイッチサイエンス製のものを選択しました。2000円以下で購入でき、「ほぼ同じもの」は数百円程度安く購入できます。

スイッチサイエンス製は裏面にスイッチサイエンスのシルクがあります。


USBケーブルでPCと接続しCOMポートとして認識するか確認します。PCのデバイスマネージャを開いておきCOMポートが増えているか確認します。
最初にUSBケーブルでPCと接続したときにCOMポートとして認識しないトラブルがありましたが、使ったケーブルが充電専用ということでデータ線がないものを使っていたようです。自分が持っている3本のケーブルのうち2本が充電専用でした。


自分の環境ではCOM8と認識されています。

次にTeraTermを起動します。

COM8のボーレートを115200にセット

デリミタは受信時がCR,送信時がCR+LFとします。
Local echoはチェックなしでOKのようです。他の方のブログではチェックありにするとのことでしたが、現時点のファームウエアではチェックなしでWROOM02が送信文字列を返してくれるようです。

WROOM02のリセットボタンを押すと、最初文字化けした文字列が表示されます。これは起動直後は115200とは違うボーレートで送信するためのようです。

TeratermからATと入力するとOKがかえってきます。


AT+GMR でファームウエアのバージョンが表示されます。

モードはアクセスポイントにアクセスするstationモードとアクセスポイントになるSoftAPモードが可能で、更に両者を混在させるモードもあります。stationモードに設定(AT+CWMODE=1)して利用可能なアクセスポイントを表示すると上の写真のように2.4GHzのアクセスポイントの一覧が表示されます。

DHCPもサポートされていてSSIDとパスワードを指定すればAPに接続できます。接続後は透過モードがあり、これを使うと簡単にTCPによる通信が可能です。

すべてATコマンドで操作するのでシリアルポートがあればコントロール可能です。
今回購入したものは開発ボードでUSBシリアル変換ICが搭載されていますがWROOM02単体で購入すればマイコンから制御可能です。
開発ボードでも基板にピンヘッダをつけると3.3Vレベルのシリアル通信でコントロールが可能になっています。

センサーのデータをWiFiを使ってサーバーに送信するテストを行うために購入してみました。

aqv on January 21st, 2018

STM32開発ボードを入手したときに開発環境としてTrueStudioをインストールしました。

TrueSTUDIO

Download


ARMの開発環境は複数の選択肢があり、何を使ったらよいか迷いますがSTMがAtollicを買収したようでサポートが厚くなるだろうとのことでTrueStudioを選びました。


HPからインストーラをダウンロードし実行します

 

実行したら、次へ、はい、をクリックしていきます




インストールが完了し実行るすと以下のように表示されます。この画面を閉じるといわゆるIDEの画面があらわれます

TrueStudioと一緒に使うと便利がツールがCubeMXです。

http://www.st.com/ja/development-tools/stm32cubemx.html

CubeMXを使うとCPUの初期化部分のソースを生成してくれます。CPU単体とSTMが販売している開発ボードがサポートされています。

CubeMXで新規プロジェクトをつくる。
1:開発ボードを選択する。
2:CPUのピンの役割をGUIから決める
3:ソースコード生成
このような手順で初期化コードが生成されるのでデータシートをすべて読み込まなくてもプログラムを始めることができます。

秋月のHPをみるとSTM32開発ボードがプログラマ付きで2000円程度で入手できるので手軽に始められます

 

aqv on December 26th, 2014

何か月ぶりかに、mikroCを立ち上げプログラムを弄りPICに書き込もうとするとUSBに接続されたプログラマが認識されませんでした。
mikroElektronikaのフォーラムを見るとWindows8で署名されていないと拒絶されるようです。
p1

p2

フォーラムの該当スレッドをたどっていくと解決法が示されていました。
ドライバを一端削除し、最新のドライバをインストールするようです。
p3
削除するダイアログで「このデバイスドライバーソフトウエアを削除する」にチェックを入れてOKをクリック

次に、最新のドライバーをインストールするとデバイスマネージャーでちゃんと認識され書き込みできるようになりました。

p4

aqv on October 13th, 2014

アジアの某国からのtrackbackスパムが多く、削除にかなりの時間を取られています。
WordPressのプラグインで
WP-Ban
Simple Trackback Disabler
の2つをインストールして、某国からのアクセスを禁止し、トラックバックを受けないように設定しました。
これでしばらく様子見です。

Tags:

aqv on October 5th, 2014

RHM8Bを三脚で保持するための治具をつくりました。
無料のCAD 123D DesignでデザインしDMMの3Dプリントサービスを使って出力しました。
p4

3Dプリントしてできたのが以下の写真になります。

p1

一番安価なナイロンの黒という材料を選択しました。表面は艶消し状になっていて、高級感が少しあります。

p2

タップが立つかどうかわからないので結束バンドでアンテナを保持することにしました。

以下は、三脚に組んだときの動画です。

aqv on October 4th, 2014

RHM8Bを三脚上に設置して運用する際に必要になる。ラジアル線を作りました。

太さAWG20の電線を使います。
2014-10-04 01

線の長さは、某販売店で販売している同等のものが長さ5mだったので同じ5mにします。
2014-10-04 02

5m 6本を準備します。 圧着工具で圧着したのち半田を流し込みます。圧着端子はMコネクタはいる大きさのものを選んでいます。
2014-10-04 03

ダイソーで買った熱収縮チューブをかぶせます。
2014-10-04 04

これで完成です。ダイソーの熱収縮チューブは厚さが薄いので、もっと肉厚のものを使うと安心感が増します。今後同じようなものをつくるときの改善点です。
2014-10-04 05

アンテナをカメラ用三脚に固定する治具を現在検討中でうまくいけば写真をアップしたいとおもいます。

aqv on September 27th, 2014

RHM8Bをモービルアンテナ用基台にとりつけようとするとMコネ化しなくていけないので、パーツ箱を探すとMコネ変換コネクタが見つかりました。
2014-09-27_01
RHM8Bに取り付けてみると以下のようになります。
2014-09-27_02
モービル用基台に取り付け車を停止させて、または、ベランダの手すりにモービル基台を取り付けた上にRHM8Bを使うことを想定していますが、どうも強度的に不安です。風が吹くとポキッと行きそうな感じです。
樹脂製の治具でコイル部分をつかむような支持方法を考えたいとおもいます。

aqv on September 20th, 2014

申請していた局面を送料着払いで受け取りました。
現状、JARLには入会する予定はありません。
CIMG3100trim

以前から興味のあった、アンテナRHM8Bをアマゾン経由で無線ショップから購入しました。
CIMG3087trim
思っていたより、仕舞寸法が小さく40cmの長さがあれば収納可能で国内出張用バッグや旅行バッグに入る大きさです。
CIMG3089trim
MコネタイプのRHM10というアンテナもありますが、BNCタイプのほうが安価なのでRHM8Bを選択しました。BNCに比べてアンテナ重量があるので常時車につけての運用はできません。
CIMG3091trim
コイルの先には、テレスコピックタイプのエレメントをねじ込みます。
CIMG3095trim
コイル部分は手で引き伸ばします。回転させたりする必要はありません。また、コイルの巻き線が直接露出するような構造にはなっていません。
CIMG3099trim
ローバンド時には、最大27cmまでコイルが伸びます。
これに、ラジアル線をつくってあげればBudistickよりは携帯性が良いアンテナになりそうです。

8/25に局免の申請をだし、先日メールにて電子納付手続きをしてくださいという内容を受け取りました。
本日、ネットから支払いを行い免許証の到着まちの状態になりました。

ネットでの申請は初めてになります。

p3

 

電子納付は、下のボタン「電子納付」をクリックすると、納付する画面に遷移していきます。

p2

前回手続きに戸惑ったPSK等は徐々に追加していこうとおもいます

3 visitors online now
0 guests, 3 bots, 0 members
Max visitors today: 7 at 01:42 am UTC
This month: 22 at 10-18-2018 09:49 am UTC
This year: 22 at 01-21-2018 10:47 pm UTC
All time: 133 at 05-04-2015 11:06 pm UTC